耐震改修工事

耐震改修工事で会館をリニューアル!

農協会館は、1980年3月に建設されましたが、建築基準法にもとづく耐震基準を満たしていなかったため、耐震診断を実施したうえで、この度の耐震改修工事を行いました。2014年12月から工事を着工し、足掛け3年、24ヶ月の工事期間を経て、耐震ブレス68台、耐震補強増設壁4壁を新たに設けました。
また、空調設備が老朽化していたため、耐震改修工事と併せて、空調の更新も実施しました。

新しくなった正面玄関

正面玄関は、耐震補強とともに玄関サッシの取付けや天井の復旧などを行い、会館の新しい顔としてリニューアル(2016年12月に完成)しました。

耐震ブレス

68台の耐震ブレスを設置

館内内部にブレスを組み込んで補強し、アンカーを埋め込む工事を行いました。

耐震壁

4基の耐震壁を設置

壁の強度を高めるため、壁の間に鉄筋を新たに埋め込む「壁増し打ち」方式により、2階から5階までの西側の一角の強度の足りない壁の補強工事を行いました。

工事の様子

耐震補強工事は、農協会館の入居団体が通常業務をしながら工事を進めるという、「居ながら工事」で行われました。建物の外側ではなく内側に補強を行う改修でしたので、よくお客様からは「耐震工事をしているようには見えない」と言われました。工事は、最上階である9階からスタートし、順次、下の階に降りていく方法で進められました。

耐震改修工事の安全祈願(平成26年12月25日)
農協会館の屋上への荷揚げ作業
正面玄関の耐震ブレスの搬送
耐震壁の補強作業
正面玄関の風除室の中の耐震ブレス固定作業
耐震改修工事の完成を祝った修祓式(平成28年12月26日)
Page Top