新着情報

カテゴリ

今日も、お待ちかねの花が届きました。

2014.08.11

26.08.11-1今日も、お待ちかねの花が届きました。

 ご存知でしたか、当会館の1階受付に花を飾っていることを。
この花は、会館近くのお花屋さん、立山農園の方々が毎週月曜日に届けてくださいます。昨年9月から始めた、このフラワーアレンジメント。
嬉しいことに、とても評判がいいのです。いつの間にか、すっかり定着して、毎週月曜日を待ちわびている方が増えています。会館の入居者はもちろんのこと、なぜか会館外にも隠れファンが――。
季節を先取りした花々や見たこともない草花によるアレンジメント、正月や節分、桃の節句、クリスマスなど、それぞれの時節にふさわしいデコレーション。限られた予算の中で、毎回、立山農園さんの意欲と創意工夫、そして、草花に対する心優しい息遣いが感じられます。

 草花に対する心遣いといえば、染織家・志村ふくみさんを思い浮かべます。
人間国宝である志村ふくみさんの作品を初めて目にしたのは、3年前に開かれた富山水墨美術館の「志村ふくみ・洋子展」。志村さんの名前しか知らず、何気なく水墨美術館に行った私は、草木から抽出された素朴な味わい、そして染織された紬の素晴らしさに、ただただ圧倒されました。
以来、機会あるごとに、志村さんの作品を見せていただいています。今年も、2月に上野の東京国立博物館で開催された「人間国宝の現在(いま)」で、志村さんの作品に触れ、まさに至福の時間(とき)をいただきました。
京都で試行錯誤しながらも、草木染で鮮やかな着物を作り続ける志村さん。作品から、厳しくも草花に対する限りない愛おしさが感じるのは、私だけでしょうか。

 当会館1階受付にあるフラワーアレンジメント。
もし時間があれば、ぜひ見に来てください。会館に来れない方には、毎週月曜日にホームページにアップする予定ですので、楽しみにお待ちください。(O)

Page Top