新着情報

カテゴリ

消防・防災訓練を実施しました。

2015.08.31

 

(花)シンピジューム、トルコききょう、スプレーカーネーション(葉物)コンパクター(枝)野バラ、どうだんつつじ

(花)シンピジューム、トルコききょう、スプレーカーネーション(葉物)コンパクター(枝)野バラ、どうだんつつじ

 第1回目の消防・防災訓練が、8月26日に行われました。

 農協会館は、高さ31メートル以上の建築物のため、消防法にもとづき、「特定防火対象物」にあたり、年2回の消防訓練、年1回の防災訓練が義務付けられています。

 今回の訓練には、館内に入居している11団体から25名が参加。
 現在、耐震改修工事を進めている株式会社竹中工務店からも、3名の方が参加してくださいました。

 最初に実施した訓練は、救命講習(救命入門コース)。

模型を使い、気道確保の大切さを説明する富山消防署の池水さん。

模型を使い、気道確保の大切さを説明する富山消防署の池水さん。

 講師は、富山消防署庶務救急課の池水真未さん。
 池水さんは、「倒れた人を発見した場合、救急隊が到着までの間、どれだけ心肺蘇生が行われたかが、その後の生存率に大きく左右します」と、救命講習の大切さを説明。

  参加者は3班に分かれ、呼吸の確認や胸骨圧迫、気道確保、人工呼吸、AEDの使用方法などを、約90分間にわたって研修。
 参加者は、マネキンを使用しながら、「1、2、3、4………」と大きな声を出しながらリズムを取り、胸骨圧迫や人工呼吸などを実習しました。
 講習終了後、池水さんから参加者全員に「救命入門コース参加証」が渡されました。

 続いて、避難訓練。

 8階ロビーの喫煙室から火事が発生したとの想定で、富山消防署に通報。火元の反対側にあたる西側階段を

マネキンを使って、「1、2、3、4……」と、大きな声を出して胸骨圧迫をする受講生。

マネキンを使って、「1、2、3、4……」と、大きな声を出して胸骨圧迫をする受講生。

使って、9階会議室から会館前まで駆け降りました。最後の人が、避難先に到着するまでの所要時間は、3分20秒。全員、スピーディーに避難することが出来ました。

 最後は、消火栓と消火器を使った消火訓練。

 屋内消火栓は、各階に2カ所ずつ設置してありますが、滅多にホースを直接手にする機会はないもの。今回は、㈱北陸綜合防災センターの担当者から操作方法などを聞きながら、1階ロビーの消火栓を使って実習。消火栓を開け、ノズルを持って30メートル用のホースを引っ張り出し、開閉弁を開ける訓練をしました。

 消火器についても、初めに操作方法の説明を受け、各団体の代表8名が、それぞれ消火器を手に持ち、安全ピンをはずして、消火器の使い方を確認しました。

 

消火器の正しい操作方法を聞き、一気に消火する参加者。

消火器の正しい操作方法を聞き、一気に消火する参加者。

 農協会館には、現在、約360人が勤務していますが、毎年8月に実施している消防・防災訓練に、今後も救命講習(救命入門コース)を取り入れる予定です。毎回、受講者を新しくすることにより、館内の救命受講修了者が増え、仮に人が倒れるなど緊急事態が発生した場合、一人でも多くの職員が救急車が到着するまでの間、慌てることなく、適切な対応を取れるようにするためです。

 今回の訓練にあたり、富山消防署と㈱北陸綜合防災センターに、全面的にご協力をいただきました。改めて、心から感謝申しあげます。(O)

Page Top