tel:076-445-2051
アクセス

2020年6月

カテゴリ

思いがけないプレゼント

2020.06.30

【花】ゆり(シベリア)、オンシジューム、スプレーカーネーション(バレッロ)、アルストロメリア(赤)、グロリオーサ(サザンウィンドゥ)、【葉】ユーカリ、【枝】房おくり

 カルガモの巣が見つかりました。
 それも、なんと自宅のすぐそばで…。

 カルガモといえば、東京・大手町のカルガモの親子が、頭に浮かびます。
 お母さんを先頭に、生まれて間もない幼い子ガモたちが、よちよちと一列になって歩く姿。高層ビルが林立する大手町で、車道を堂々とわたり、皇居のお堀まで引越しをする姿は、なんとも愛らしく、すっかりこの時期の風物詩となっています。

 そのカルガモの巣が、自宅近くの土手で見つかったのです。

 自宅前を、川幅にして約10メートルの小さな川が流れています。
 両岸に土手があり、それぞれの住民が、住居前を草刈りすることになっています。先日、隣近所の分を含めて、草刈り機で70メートルほど、草刈りをしていました。

 目の前で、突然、大きなカルガモが1羽、「ガアー」と鳴いて飛び立ちます。

 びっくりして、何事かと近づくと、なんと草むらに鳥の巣があるではないですか。数にして、7~8個の白い卵があります。お母さんカモが、抱卵していたようです。

 草刈り機のエンジン音に驚いて、飛び立ったのでしょうが、草刈りをしていたこちらも、びっくりです。まさか、こんな住宅地の一画に、カルガモの巣があるとは…。
 その場で、すぐに草刈りをやめ、巣の周辺一帯を刈り残したまま、遠く離れた場所から草刈りを始めました。

 この川は、いつも静かに、ゆったりと流れ、川の中には多くの藻(も)が群生しています。鯉などの小魚も多いようで、時々、釣りを楽しむ親子を見かけます。

 ここは、カルガモたちにとって、生息しやすい環境のようです。
 今年は、例年になく春先から大きなカルガモたちを見かけます。よく6~7羽、列をなしてゆったりと泳ぎ、時々鳴いています。

 あれからカルガモの巣を見ていません。

 様子を見たいのは山々なのですが、家族から「絶対に近づかないように」と釘を刺されています。卵から無事かえり、ヒナたちが巣立ちを終え、カルガモの親子が川面を一列になって泳ぐ姿を、今から楽しみにしています。

 この日は、「父の日」の前日。
 思いがけず、天から素敵なプレゼントをいただきました。(O)

 

【花】百合(バンドーム)、バンダ、カーネーション(オレンジ)、グロリオーサ(ルテア)、ホワイトレースフラワー、【葉】オクラレルカ、レザーファン、ガマ

新型コロナウイルス感染防止に、ご協力をお願いします!

2020.06.23

 富山県農協会館では、引き続き新型コロナウイルス感染症拡大の予防に取り組んでいます。
ご来館される際は、次の点についてご協力をお願いいたします。

 

1.ご来館される皆様へのお願い

  1. 咳エチケット、マスク着用、手洗い、手指の消毒に、ご協力ください。
  2. 発熱や咳、喉の痛みなどの症状がある方は、ご入館をご遠慮ください。
  3. 3密(密閉、密集、密接)を避け、人との間隔をできるだけ空けてください。
  4. エレベーターや喫煙室のご利用に際しては、自主的に混雑を避けてください。

 

2.主催者様へのお願い

  1. 参加される皆様の「3密」の回避に、十分にご配慮ください。
  2. 大きな声や向かい合わせによる会話にならないように、ご注意ください。
  3. 会議室のご利用に際しては、窓を定期的に開けるなど、積極的な換気にご協力ください。
  4. 必要に応じて、主催者様で利用される会議室に、手指消毒液を配置してください。
  5. 会議等に参加された方の連絡先を把握してください。(主催者様で保管)

 

3.農協会館における取り組み

  1. 次の箇所に、アルコール消毒液(ポンプ式)を設置しています。
    • 会館1階出入口      3本
    • 8階エレベーターホール  2本
    • 9階エレベーターホール  1本
  2. 空調による定期的な換気や、清掃・消毒を行っています。
  3. エレベーターなど、不特定多数の方が接触する箇所については、定期的に除菌剤による清掃を行っています。

 

4.ご利用の制限について

行政等の要請にもとづき、新型コロナ感染予防対策として、貸会議室のご利用を自粛していただく場合がありますので、あらかじめご了承ください。

一般社団法人富山県農協会館

 

PDF版はこちら

野菜づくり、対話の楽しみ

2020.06.17

【花】トルコききょう(紫)、カラー(ピンク)、なでしこ(ラフィーネ)、ププレリューム、ブバルディア(ピンク)、スモークツリー

 家庭菜園に、ハマっています。

 足腰が弱った母親から畑を引き継いで、今年で4年目。
 定年退職したとはいえ、まだサラリーマンの身。週末を利用して、テキストを片手に、野菜づくりを楽しんでいます。

 たかが野菜づくりかといわれそうですが、されど野菜づくり。
 いざやってみると、野菜づくりは結構奥が深く、思うようにいかないことが多いです。何といっても、自然が相手です。一年ごとに天候が変わります。移ろいやすい自然相手だからこそ、醍醐味があるのかもしれません。

 現在、3カ所ある畑に植えているのは、タマネギ、ジャガイモ、スナップエンドウ、小松菜、チンゲン菜、ほうれん草、にんじん、春ダイコン、サツマイモ、里芋、トマト、ミニトマト、なす、きゅうり、ピーマン、ミニごぼう、かぼちゃ、シシトウ、ニラなど。

 今年初めて、とうもろこしとモロヘイヤづくりを始めました。ミニかぼちゃの立体栽培と、里芋と生姜のミックス栽培にも、チャレンジしています。

 家庭菜園に興味のない方にとっては、「何が面白いのか」「もっとほかにすることがないのか」「年寄くさい」といわれそうです。

 確かにそうです。
 しかしながら、青空のもと、汗をかきながら土仕事をするのも、いいものです。
 近所の方は、ほとんどトラクタ-やティラーで畑を起こしています。こちらは、鍬(クワ)1本。クワだと時間がかかり、正直疲れます。でも、クワで起こしていると、畑の状態が手に取るようにわかります。畑の柔らかさや深さ、堆肥の入り具合はどうか、土壌分解に大切なミミズが増えているかどうかなど…。

 もちろん健康を考えて、無農薬にこだわっています。
 昨年の秋冬ダイコンや白菜は、悲惨な結果となりました。初めからネット掛けにしたにもかかわらず、「ダイコンハムシ」が大発生しました。近所のおばあちゃんたちは、さすがに農薬散布されたようですが、こちらは最後まで農薬を使用しませんでした。おかげで、見るも無残な姿となりました。それでも、自分で育てた野菜たち。きれいに洗って、食べられるところだけ、おいしくいただきました。

 いよいよ、きゅうりやなす、ピーマンなど、夏野菜の収穫が始ました。毎日のように、新鮮な野菜が食卓に並んでいます。
 この頃、仕事帰りに、畑に通うのが楽しみとなっています。野菜たちの顔をみるのと、ほっと心が和みます。こまめに手を掛けた分、きちんと野菜たちは応えてくれます。

 これからも、野菜たちとの対話を楽しみたいと思っています(O)

【花』ひまわり(ゴッホ)、アストロメリア(レボリューション)、サンダーソニア、オンシジューム、キリフキ草、あわ(染)、【葉】ドラセラ、ヒバ

貸会議室の貸出しを再開しています。

2020.06.03

【花】ゆり(バンドーム)、トルコききょう(ボレロフレアホワイト)、紅花、シャクセク(クラックセンセーション)、ハイブリットチース(雲竜)、【枝】どうだんつつじ、【葉】ドラセラ(赤)

 日頃から、当会館の貸会議室をご利用いただきまして、心より感謝申しあげます。

 貸会議室につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大にともない、富山県からの休業要請にもとづき、4月中旬から臨時休業していました。

 当初は、5月31日までの休業を予定していましたが、5月14日に富山県から発表されました「新型コロナ感染拡大にかかる富山県対策指針」にもとづき、5月18日より貸会議室の貸出しを再開しました。

 今後も、新型コロナウイルス対策として、マスクの着用や貸会議室の窓の換気、できるだけ距離をとった座席の配置などにつきまして、ご協力くださるようお願い申しあげます。

アルコール消毒液につきましては、1階エントランスホールと貸会議室がある8階、9階のロビーにそれぞれ設置してありますので、自由にご利用ください。

 

 今後とも、当会館の貸会議室をご利用くださいますようお願い申しあげます。

 なお、不明な点がございましたら、事務局(076-445-2051)までお問い合わせください。

Page Top