今週の花

カテゴリ

山野草の夢

2017.04.28

 

[花]バラ(オークランド)、トルコききょう(レイナホワイト)、宿根スィートピー(ブルーフレグランス)、カンパニューラ(チャンピオンブルー)、[葉]利休草

 新緑が目にやさしい時節になりました。

 木々がいっせいに芽吹くこの時期。
 わが家の山野草も、小さな芽をつけ始めました。冬の間、細い幹と枝だけの冬枯れ状態で、どうなるものかと心配していましたが、春とともにしっかり芽吹いてきました。小さな鉢の土に隠れていた草花も、季節に合わせて、かわいい芽を出してくれます。
 手のひらに載るような、これら小さな鉢たちですが、ここにも生命の神秘を感じ取ることが出来ます。

 

 人にお見せするような、立派な盆栽を持っているわけではありません。
 どこの山にでも、自生していそうな山野草を育てているだけです。これらの花には、華やかさとは無縁で、自らの存在を自己主張するようなこともありません。ただ、小さな花をつけ、飾らない姿、そして素朴な風合いがあるだけです。
 素人の私にとって、どの山野草も初めて聞く名前ばかりです。山野草を入れている器も、素焼きの安物が中心です。

 

 手元にある山野草は、高岡おとぎの森公園で開催される山野草展で、買い求めたものがほとんどです。
 春になると毎年、山野草の開催案内のハガキが、自宅に届きます。月1回の割合で開催される展示即売会。毎回、出掛けることを楽しみにしています。スタッフの皆さんとも、すっかり顔なじみになり、気軽に声を掛けていただいています。
 買うといっても、せいぜい2~3鉢程度ですが、季節にあったものが並び、見ているだけで嬉しくなります。

 自宅にあるのは、岩ウチワ、タンゴ姫、アッツ桜ルビーの輝き、姫アッツ桜、濃赤アセビパッション、キヌタ草、赤花ハクチョウゲ、ハゼ、斑入クモマ草紅小町などです。(もしかして、名前が違っているかもしれません。)
 

 スタッフの方々からは、栽培方法を教えてもらったり、珍しい品種を紹介してもらったり、ちょっとしたアドバイスを受けています。
 正直いって、今は購入した山野草を育てるだけで精一杯です。水やりや肥料を欠かさずやっているつもりでも、なぜか半分ほど枯れてしまいます。

 

 わずかながら、自分の山林を所有しています。
 小さな希望ですが、いつの日にか自分の山から山野草を集めて来て、自分らしい山野草の鉢を育てることが、夢です。(O)

 PS.ゴールデンウィークは、1回お休みをいただきます。

美しい四季をうたう「はり絵」

2017.04.18

 

[花]ゆり(ソルボンヌ)、カラー(イエロー)、カーネーション(レオンサルモーネ)、スプレーカーネーション(コリン)、ホワイトレースフラワー、[枝]どうだんつつじ、[葉]モンステラ、サンデリアーナ

 はり絵画家・内田正泰さんの展覧会に行って来ました。

 以前から、内田正泰さんの作品をまとめた本は持っていましたが、本物のはり絵を観るのは、今回が初めて。 
 たまたま新聞で内田さんの展覧会が紹介されていて、会場の富山市民プラザと大和富山店に行って来ました。やはり熱心なファンが多いせいか、両会場とも多くの人で賑わっていました。

 内田さんの作品は、かなり前から知っていました。
 恥ずかしながら、はり絵だと知ったのは、ごく最近のことです。
 到底、はり絵とは思えない大胆な構図と明るく美しい色彩。作品を間近に鑑賞させていただき、改めて「はり絵」であることを、再確認した次第です。

 内田さんのはり絵は、とても不思議です。
 初めて観るはり絵なのに、以前からよく知っていたような錯覚に陥ります。一度も行ったことも、見たこともない場所や風景にもかかわらず、なぜかなつかしい郷愁を覚えます。
 幼い頃の四季折々の景色と、どこかダブります。そして、日本人なら誰もが抱いている、心の中の風景がみごとに表現されています。

 

 内田さんの「はり絵」は、一般的な「ちぎり絵」のように和紙を使いません。
 和紙だと破った輪郭が繊維でぼやけてしまい、色面と色面の形があいまいになりがちです。そのため、あえて和紙ではなく洋紙を使い、はさみやカッターもできるだけ使用しないようにし、あくまで「破る、ちぎる」にこだわっているそうです。
 驚くのは、きちんとした下絵を描かないこと。
 ほとんど即興で破った紙を張り込んでいくそうです。下絵の線に沿って張り込むやり方では、絵が生き生きとした生命のあるものにならないからだそうです。

 

 今年、内田正泰さんは94歳。
 ご高齢にもかかわらず、制作意欲はまったく衰えていません。いまだに心のふるさとを呼びさまし、ほっと安らぎを与えてくれる作品を作り続ける、その創作意欲。
 そして、衰えることがない内田さんのみずみずしい感性。

 

 当然ながら内田さんのような鋭い感性や豊かな感受性は、持ち合わせていません。
 しかしながら、美しいものをそのまま美しいと感じられる心、きれいなものをきれいと受け止められる感性は、失いたくありません。
 若い時は若いなりに、歳をとれば歳相応に、感性は変わっていくものと思います。
 自らの年輪を増すとともに、歳にふさわしい豊かな感性を身につけたいものです。
 そして、なることならば、目に見えないものだけではなく、目に見えない本質までも感じ取れる感性を身につけたいものです。(O)

小さなお客さん

2017.04.10

 

[花]ガーベラ(ローラ)、(サトリ)、(クッキーアンドクリーム)、サンダーソニア、ツィンキャンドル、ライスフラワー、[枝]アセビ、[葉]利休草

 8日、土曜日の夕方。突然、かわいいお客さんが訪ねてきました。
 迷子のワンちゃんです。

 車庫の中を掃除していたところ、隣のAさんが「○○さん、○○さん」と、急に私に話しかけて来ます。散歩の途中らしく、足元には元気いっぱいなペットのワンちゃんが……。そして、なぜか見たこともない黒色のワンちゃんも、近くで飛び跳ねています。
 Aさんいわく、「散歩していたら、知らない犬が付いてきて、どうしていいか困っています」。よく見ると、赤い首輪は付けていますが、なぜかリード(引き綱)がありません。

 

 やや小さめの黒色の柴犬か、豆柴だと思われます。
 見た感じ2~3歳ぐらいで、メス犬。余程、飼い主に可愛がられているのか、毛並みがサラサラで、とても人懐っこい犬です。嬉しそうに、じゃれています。まったく噛む素振りもなく、初めて会った私たちにも、親しげに尻尾を振っています。犬同士も、楽しげに遊んでいます。

 首輪だけ付いていて、リードが無いところをみると、どうも室内で飼われていたようです。何かの拍子に、家から飛び出してきたものと思われます。
 車が近づいてきても、まったく怖がる素振りがなく、むしろ近づこうとします。とりあえず、自宅にあったリードでつなぎました。
 このリードは、以前飼っていたわが家の柴犬、トーマスが使っていたものです。トーマスは、2年前に約18歳で亡くなりましたが、遺品として大切に残していたリードです。

 

 このワンちゃん。
 Aさんは毎日、朝晩ペットの散歩に出掛けられ、私もウォーキングの途中、さまざまなワンちゃんたちに会いますが、二人ともこのワンちゃんに心当たりがありません。

 だんだん辺りも暗くなってきます。
 飼い主の方も、きっと必死に探しておられるでしょうから、とりあえず近くの交番に届け出しようということになりました。

 買い物のため、たまたま玄関から出てきた娘も、このワンちゃんを見て大喜び。
 ちょうど、仕事から帰宅した家内も、かわいいお客さんに大はしゃぎ。二人とも、可愛がっていたトーマスのことを想い出しているようです。

 

 近くの交番へは、私が届けることになりました。
 知らない車に乗せられ、大丈夫かなと心配しましたが、何のその。後部座席の真ん中にちょこんと座り、あばれる素振りも吠える様子もありません。なぜか、慣れたものです。正直のところ、このワンちゃん。突然慣れない車に乗せられて、びっくりして粗相をしないかなーと心配していましたが、嬉しいことに杞憂に終わりました。

 

 交番には、3人の警察官がおられました。
 事情を説明している間も、ワンちゃんは交番内を自由に走り回り、お巡りさんたちに愛嬌を振りまいています。
 ワンちゃんは生きものですが、なぜか落とし物扱いとして「拾得物」になるそうです。ワンちゃんは手続き終了後、交番から警察署へと移され、3日間預かったのち、もし問い合わせがなかった場合は、保健所へ移されるとのこと。
 保健所では通常、一定の期間を過ぎると、最悪のことも考えられるが、これだけ人慣れしたワンちゃんなので、変な事にはならないのではと、説明を受けました。

 「たまたま記入する『一時預り書』の用紙が手元になく、別の交番から書類を持ってくるが、都合により午後9時以降になるので、改めてここへ来てもらいたい」とのこと。

 

 ワンちゃんとさよならして、帰宅。
 食事を終え、時間をおいて、再び9時過ぎに交番へ。
 残念ながら、もうワンちゃんはおらず、今のところ飼い主からの問い合わはないとのこと。
 用紙に記入し、警察官から「飼い主から見つかった場合、あなたの連絡先を教えてもいいか」と聞かれ、改めて飼い主からお礼を言われても面映ゆいので、ご遠慮しますと伝え、失礼しました。

 

 あれから、もう3日目。
 あのワンちゃんは、無事飼い主のもとに帰ることが出来たのでしょうか?
 いまだにあの愛くるしいドングリ眼が、まぶたに焼き付いています。
 きれいにブラッシングされた、柔らかな毛並みの感触が手元に残っています。
 何よりも、無邪気な甘えん坊のかわいい仕種が、たまらなく思い出されます。

 

 家族のなかで、しばしばあのワンちゃんのことが話題にのぼっています。
 ただいま家族揃って、軽いペットロス症候群にかかっています。(O)

年年歳歳花相似たり

2017.04.05

 

[花]ダリア(ラベンタースカイ)、シンピジューム(イエロー)、トルコききょう(ピンク)、スナップ(白)、[葉]ナルコラン

 すっかり春らしくなってきました。
 春の芽吹きを感じられる、この時期。
 春の到来に合わせて、ウォーキングを始めました。

 

 始めてわずか2週間余りですが、結構楽しくやっています。
 ウォーキングしている場所は、高岡西部総合公園野球場。別名、ボールパーク高岡です。
 一昨年、自宅近くに、このスタジアムが誕生しました。野球場や児童公園などがきれいに整備され、外周にはアンツーカーのジョキングコースが作られました。赤褐色の、1周わずか1.2キロのコースですが、足にかかる負担が少なく、気持ち良くウォーキングが出来ます。
 本来ならば、ジョキングをと言いたいところですが、喘息の持病持ちにとっては、軽い運動といえども辛い時があります。1日2回、喘息の薬を吸入器で吸入して、なんとか小康状態を保っている有様ですから……。

 

 毎朝、決まって午前6時からウォーキングをスタート。6時30分過ぎに帰ってきます。正確に測ってはいませんが、30分程度ですので、計2キロの距離でしょうか。
 たかがウォーキングですが、努めて速足で歩いていますので、初めの頃は足首の痛みに困りました。もちろん慣れた、今となっては大丈夫です。
 早朝、やや肌寒く感じられるこの頃ですが、家に着く頃には額にうっすらと汗が浮かび、気分は爽快そのもの。
 何といっても、朝食の美味しいことといったら……。

 以前から万歩計を身につけていますが、「1万歩」という数字は低いようで、意外と高いものです。ウォーキングを始めてからというもの、毎日、特に意識せずとも1万歩を軽くクリアしています。時には、2万歩を達成する日すらあります。

 最初、音楽を聴きながら、ウォーキングしていました。
 でも、もうすぐに止めました。
 自然に満ちあふれている、音を聴くためです。
 早朝から、さかんに野鳥がさえずっています。こんなにも多くの鳥がいたのかと、改めて驚かされています。江ざらいが終わった水路からは、静かなせせらぎが聞こえてきます。音にならない風の音も、心地よく感じられます。

 桜の開花には、もうしばらく掛かりそうですが、梅があちこちで満開となっています。庭先では、木蓮やすみれが咲き揃い、水仙が見事な花をつけています。
 道端では、名も知らない野草が、可憐な花を付けています。

 

 年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず
 (ねんねんさいさいはなあいにたり さいさいねんねんひとおなじからず)

  有名な禅語です。
 「毎年毎年、花は変わることなく咲く。 人の世の変わりやすいのに比べ、自然は変わらないことのたとえ」と、ネットにあります。

 

 

 ウォーキングを通じて、変わることなく続く自然のいとなみ、そして日々変化を見せる四季の移ろいを、体全体で受け止めていきたいと思います。(O)

[花]ラナンキュラス(コルマール)、スプレーデルフィニューム(ハッピーピンク)、スイートピー(ピンク)、ホワイトレースフラワー、[枝]こでまり、[葉]玉シダ

心に響くコンサート

2017.03.01

[花]トルコききょう(桜みちる)、スイートピー(ハッピー)(ティアラ)、菜の花、[葉]玉シダ、[枝]桃(ピンク)(白)、ミモザ

[花]トルコききょう(桜みちる)、スイートピー(ハッピー)(ティアラ)、菜の花、[葉]玉シダ、[枝]桃(ピンク)(白)、ミモザ

 先日、千住真理子さんのコンサートに行って来ました。
 千住真理子さんは、いうまでもなく日本を代表するヴァイオリニストの一人。そして、ご存知の方も多いと思いますが、千住さんのヴァイオリンは、幻の名器として名高いストラディヴァリウス「デュランティ」。
 砺波市文化会館で開かれたコンサート。千住真理子さんの演奏を聴くのは3回目ですが、今回も心洗われ、魂に響く演奏会となりました。

 プログラムは、モーツァルトの「アヴェ・ヴェルム・コルプス」、クライスラーの「愛の悲しみ」、「愛の喜び」、エルガーの「愛のあいさつ」、リストの「愛の夢」など、どちらかというとオーソドックスな曲目。今回、嬉しかったことは、チェコの名門合奏団・スーク室内オーケストラとの共演だったこと。スーク室内オーケストラとは、過去に何度も共演されているとのことで、息もピッタリ。当然ながら、ソロやピアノ伴奏の演奏会とは異なり、音楽全体に幅や深みが出ていた気がします。

 演奏された曲目の中で、一番印象に残ったのはヴィターリの「シャコンヌ ト短調」。よく耳にする曲ですが、今回、弟の作曲家・千住明さんが、特別にスーク室内オーケストラとの共演用のために編曲されたそうで、味わい深い曲になっていました。

 千住真理子さんは、演奏の合い間に、曲紹介を兼ねて簡単なトークをされます。
 ともすると堅苦しくなりがちなクラシックコンサートですが、短いトークの中にも気さくな人柄がにじみ出ていて、なごやかな雰囲気が会場を包みます。

 千住真理子さんは、NHKの「ラジオ深夜便」にも、時々出演されます。
 「ミッドナイトトーク」という番組ですが、演奏会や執筆された多くの著書からも知ることができない、違った側面の千住真理子さんに触れることができ、楽しみにしています。

 最近、年間10数回、コンサートに行くようになりました。
 クラシックが中心ですが、気に入ればジャズなど、未知なジャンルにも足を運んでいます。
 不思議なものです。有名な音楽家のコンサートでも、期待外れの時があります。逆に、まったく期待していなかったにもかかわらず、思いがけず多くの恵みをいただいて帰ってくることもあります。

 これからも、琴線に触れる音を求めて、コンサートに通いたいと思っています。

 ヴァイオリニスト・諏訪内昌子さんのコンサートが、6月に高岡文化ホールであります。
 諏訪内さんの本は読んだことがありますが、演奏は一度も聴いたことありません。それだけに、今から楽しみにしています。(O)

小さな出会い

2017.02.20

おひな祭りです。[花]ラナンキュラス(黄)、デンファーレ(アンナ)、[葉]丸葉ルスカス、[枝]啓翁桜

おひな祭りです。[花]ラナンキュラス(黄)、デンファーレ(アンナ)、[葉]丸葉ルスカス、[枝]啓翁桜

 最近、ちょっと嬉しいことがありました
 画家・吉田博(ひろし)さんを知ったことです。

 先日、NHK・Eテレの「日曜美術館」で、初めてこの人の名前を知りました。
 それまで、吉田博さんの存在自体、まったく知りませんでした。美術品や工芸品に少し興味があり、時々見ている「日曜美術館」。吉田博さんの特集が、たまたま組まれていました。

 イギリスのダイアナ妃も、大変好きだったという吉田博さんの風景画。自室の壁に飾るほど、気に入っておられたとのこと。吉田博さんの絵画はどちらかというと、日本国内ではあまり評価されておらず、むしろ海外での知名度の方が高かったようです。

 ウィキペディアによると、吉田さんを「日本の洋画家、版画家。自然と写実そして詩情を重視した作風で、明治、大正、昭和にかけて風景画家の第一人者として活躍した」と紹介しています。

 もっと吉田さんのことが知りたくて、さっそく「吉田博 全木版画集」(阿部出版編集・発行)と安永幸一著「山と水の画家 吉田博」(弦書房)の2冊の本を買い求めました。

 
 以来、時々手元にある「吉田博 全木版画集」をながめています。
 もちろん、現物に勝るものはありません。それでも、画集を通して、詩情あふれる画風の一端を味わうことができます。テレビで紹介されていた代表的な風景画も、改めて画集で確認することができ、至福の時を味わっています。
 初めて知ったのですが、同じ木版画の原版を使いつつも、巧みに色彩や刷り方を変えることによって、朝、昼、夕方など、まるで趣の異なる風景画に仕上げることができます。
 これこそが、木版画ならではの神髄、真骨頂なのかもしれません。

 同じ絵画を見ていても、感じ方、受け止め方は当然、皆異なると思います。
 吉田博さんの木版画も同様で、私は少なからぬ感動を受け、今回の小さな出会いをとても嬉しく思っています。しかしながら、何も感じない方もおられるかも知れません。それはそれで良いと思います。受け止め方は、人さまざまですから…。

 つくづく自分が知っていることなど、ごく微々たるものだなーと思っています。
 それだけに、今回のような出会いは、とても新鮮に感じられ、素直に嬉しくなります。これからも、魂に響くような新しい邂逅(かいこう)を求めていきたいものです。本なり、音楽なり、美術工芸品なり、小さくともしっかりとアンテナを立て、自分なりの感性を大切にいきたいと思います。

 「生誕140年 吉田博展」が、4月29日から長野県の上田市立美術館で開催されます。自分の目で、吉田博さんの木版画を鑑賞できることを、今から楽しみにしています。(O)

[花]胡蝶蘭(白)、オンシジューム(ハニーエンジェル)、グロリオーサ(サザンウィンドゥ)、スイートピー(ステラ)、[葉]ドラセラ             (2月第3週分です。)

[花]胡蝶蘭(白)、オンシジューム(ハニーエンジェル)、グロリオーサ(サザンウィンドゥ)、スイートピー(ステラ)、[葉]ドラセラ             (2月第3週分です。)

 

啓翁桜

2017.02.01

 

[花]エビデンドラム、ラナンキュラス(ラックスロティス)、ホワイトレースフラワー、てまり草、[葉]丸葉ルスカス、[枝]啓翁桜

[花]エビデンドラム、ラナンキュラス(ラックスロティス)、ホワイトレースフラワー、てまり草、[葉]丸葉ルスカス、[枝]啓翁桜

 ここ冨山は、まだ一面の銀世界。
 1年で、もっとも寒さの厳しいこの時期。春のきざしは、どこにも感じられません。
 しかしながら、母がいる実家では、ひと足早く春の訪れを告げる桜が咲いています。
 啓翁桜(けいおうざくら)です。
 この桜、ひとり暮らしをしている母に、先日届けたものです。

 
 昨年1月、初めて啓翁桜を買いました。
 山田村の生産者の方々が、富山駅で直売していたものです。母のもとに持参し、さっそく大きな花瓶に生け、茶の間の角(すみ)に飾りました。
 はじめは枝だけが目立った、この桜。固いつぼみが徐々に膨らみ、一輪、二輪と薄紅色の花びらを着けはじめます。みごとなまでに咲き揃った満開の時は、壮観なものがありました。
 可憐な花びらが散った後も、みずみずしい薄緑色の葉が生い茂り、しばらくの間、葉桜を楽しむことが出来ました。
 炬燵に入って、満開の桜やライトグリーンの葉桜を楽しむのも、なかなか風情があります。

 認知症になっている母。
 この啓翁桜を、母は大変喜んでくれました。寒さの厳しい真冬に、美しい花を咲かせる啓翁桜。その美しさもさることながら、日々少しずつ移ろいを見せるその姿に、言葉に言い尽くせない喜びを感じてくれたようでした。

 そのような母の喜ぶ姿をみたくて、今年も啓翁桜を買い求めました。

 昨年買わせてもらった山田村の啓翁桜は、残念ながらすでに品切れになっていました。
 親しくしている花屋さんにお願いして、啓翁桜を取寄せてもらいました。届いた啓翁桜は、山形県産のものでした。知りませんでしたが、啓翁桜の本場は山形県だそうです。

 最近、作家・落合恵子さんの本を読みました。
 「母に歌う子守唄 その後 わたしの介護日誌」(朝日文庫)です。
 NHKラジオから時々流れてくる、落合恵子さんの落ち着きのある声と語り口。何とも言えない、その人柄に魅せられて、手にしたこの本。目の前に母親の介護という、避けて通れない課題を抱えている小生にとって、まさに「バイブル」というべき本でした。
 この本は、落合恵子さんのお母さんがパーキンソン病を発病し、さらにアルツハイマーを併発し、多くの方に支えられながら、7年間にわたって自宅で介護を続け、84歳で見送るまでの体験を記したものです。

 
 介護に関するノウハウ本は、本屋に溢れています。
 しかしながら、実際に介護を体験した人の本、特に介護者の飾らない心情、赤裸々な思いを綴った本は、意外と少ないのではないでしょうか。
 本の底流に流れている、落合恵子さんの温かさと深さ。
 本当に、多くの事を教えていただきました
 今後も、母の介護の進み方に合わせて、幾度となくこの本を読ませてもらうことになると思います。

  とても落合恵子さんのようにはできませんが、少しでも母が喜んでくれる「目に見えない啓翁桜」を、今日も届けたいと思います。(O)

世界にひとつだけの本

2017.01.24

[花]ストック(アイアンパープル)、ゆり(アクティバ)、バンダ、ガーベラ(ピンクパペット)、アネモネ、かすみ草、[葉]旭ハラン

[花]ストック(アイアンパープル)、ゆり(アクティバ)、バンダ、ガーベラ(ピンクパペット)、アネモネ、かすみ草、[葉]旭ハラン

 以前から、小さな願いをひとつ持っています。
 この世を去るまでに、本を一冊書くことです。

 別に「○○賞をとりたい」とか、「△△賞を受賞したい」とか、だいそれたことを考えている訳ではありません。
 心にあるものを形あるものとして残したいという、ただそれだけです。
 「じゃー、心に何があるんだ」、「何を書きたいんだ」と問われるでしょうが、今の小生には、これといったものはありません。それでも、いつの日にか一冊の本として残したいという思いを、強く抱いています。

 「人は誰でも、1冊の本は書ける」と言う人がいます。
 出版に値するレベルなのか、本として売れるかどうか、といったことでは、もちろんありません。
 順風満帆な人生というものは、なかなか無いと思います。誰しも大なり小なり、波瀾万丈な人生を歩んでいるものと思います。そのような歩みを、自らの手で「自分史」として書き記す、あるいはアレンジしながら「私小説」風に仕上げる、そのような意味合いだと理解しています。
 確かに現代は、「自費出版」ブームだと聞いたことがあります。

 という小生も、本といえる代物ではありませんが、以前、小冊子を作ったことがあります。
 26歳の時です。
 結婚式の記念品の一つとして、当日、出席された方々にその冊子をお配りしました。家内との出会い、結婚にいたる歩み、そして結婚への思いなどを、心の赴くままに綴りました。改めて読み直すと、稚拙で肩肘(かたひじ)が張った文章になっていて、本当に恥ずかしい限りなのですが、若きしの我が身を振り返り、何か懐かしい気もします。

 
 小冊子の題は、「ぶどうの枝」です。
 題字は、職場の隣の席に座っていた女性の方に、揮毫(きごう)していただきました。この方は、その当時から北陸書道院で活躍されており、70歳を過ぎられた現在も、書道・茶道の分野などで頑張っておられます。
 ただ、余りにも達筆過ぎたのか、「ぶどうの枝(えだ)」を「ぶどうの杖(つえ)」と呼ぶ人が多く、苦笑したものです。

  印刷と製本は、地元の北日本印刷株式会社さんにお願いしました。限られた予算にもかかわらず、立派な小冊子に仕上げてくださいました。
 表紙と裏表紙は、朱色の上品な和紙。紫色の和綴じ(とじ)で、ひと針ひと針しっかり留められていました。約35年前のその当時、県内には和綴じを出来る職人がほとんどおらず、苦労したと聞きました。

 
 わずか30ページ足らずの小冊子。200冊製本しました。
 「お前の本など、誰が読むのか」と言われそうですが、大変ありがたいことに多くの方々に喜んでいただき、初め作成した200冊は、数カ月でなくなりました。改めて100冊増刷しましたが、それらの本も数冊しか、手元には残っていません。
 これらは、子供たちへの贈物のつもりで残しています。(おそらく子供たちは、読んでくれることはないでしょうが……)

 女優・木村多江さんが、朗読を続けている人気の番組あります。
 「Sound Library ~ 世界にひとつだけの本」です。FMとやまで、日曜日の夜に放送されています。
 一人の女性の日記風の物語を、木村多江さんがぬくもりのある静かな声で朗読している、この番組。バックに流れる音楽とうまくマッチしていて、聴いているだけで癒されます。なぜか、主人公の月原加奈子と木村多江さんが重なって聴こえてきます。

 月原加奈子は、旅行会社勤務の38歳、OL。日常の人々との関わりの中で起きる、喜びや悲しみ、ちょっとした気づき。そのような心の機微を、たったひとつしかない人生として丁寧に描かれています。
 いつも「世界にひとつだけの本」の世界に、引き込まれています。

 
 人に読んでもらおうとは思っていません。
 でも、自己満足かもしれませんが、いつの日にか形あるものとして、一冊の本を書き上げたいと願っています。
 どこにもない「世界にひとつだけの本」として……。(O)

内側に沁みいる喜び

2017.01.10

29-1-10 明けまして、おめでとうございます。
 健やかに、新しい年をお迎えのことと思います。今年も、よろしくお願いします。

 昨年を振り返りますと、何より耐震改修工事が無事終了することが出来、ホッとしています。足掛け3年、24カ月と長期にわたる改修工事でしたが、大きな事故やトラブルが発生することもなく、計画どおり終えることが出来ました。
 多くの方から「正面玄関が明るく、綺麗になった」「開放的で、気持ちがいい」などと、嬉しいお褒めの言葉をいただき、こちらも嬉しくなります。
 改めて、多くの方々に感謝申しあげます。

 

 個人的なことで恐縮ですが、年間100冊の本を読むことを目標としています。
 昨年はというと、残念ながら68冊止まりでした。一昨年の85冊に比べると、大幅なダウンです。読書ノートをみると、夏場の6月から8月に掛けて、明らかにペースが落ちています。言い訳がましいのですが、この時期、全くといっていいほど、土、日曜日の休みがありませんでした。水田の草刈り、そして生産組合長として、イノシシ対策や山道刈り、秋道刈りなどに追われ、多忙を極めた時期であったことは、事実です。
 夏場のペースダウンが、最後まで影響したようです。
 週2冊で、目標の数字に達成するのですが、現実は甘くないようです。

 心に留まった本としては、徳永進著「野の花 あったか話」(岩波書店)、同「野の花 ホスピスだより」(新潮文庫)、細谷亮太・大下大圓共著「『いのち』の重み」(佼成出版社)などがあげられます。
 昨年、山形を旅行した関係で、作家・藤沢周平さんの本を6冊読ませてもらいました。
 いつの間にか「周平モード」に引き込まれるとともに、一人娘である遠藤展子さんの著書「父・藤沢周平との暮らし」(新潮文庫)も繙き、子供の目から見た父・藤沢周平さんの生き様にも触れることが出来ました。
 併せて、米沢藩に興味が湧き、破綻寸前の藩財政を救ったことで有名な上杉鷹山を扱った「漆の実のみのる国」(文春文庫)や、延沢恒夫著「米沢の殉教者とその余影」なども読みました。
 特に「米沢の殉教者とその余影」は、350年以上も前に、上杉家の城下町である米沢の地で、50数名のキリシタンが信仰ゆえに処刑場で殉教した本で、長崎や雲仙、京都などではなく、東北の地に殉教者がいたことに驚くとともに、幼子から老人まで喜んで死を受け容れる姿に、言葉に表せない感動を受けました。

  美術館や博物館については、昨年、10数回訪ねることが出来ました。
 例年より少ない回数となりましたが、好きな向井潤吉アトリエ館に2回、昨年11月に新しくオープンした「すみだ北斎美術館」にも行くことが出来ました。ただ、「北斎美術館」については、開館間際に訪ねたせいか、浮世絵ブームの影響なのか、ものすごい人でゆっくり鑑賞することが出来ず、とても残念でした。

 昨年、一番印象に残った展示会は、石川県立美術館で開催された「日本伝統工芸展」です。毎年5月に高岡市美術館で開かれる「日本伝統工芸展富山展」が好きで、欠かさず足を運んでいますが、石川県の伝統工芸展は規模も、展示内容も数段上でした。
 NHK・Eテレ「日曜美術館」で紹介されていた、神奈川県・本間昇氏の日本工芸新人賞を受けた「神代桂菱紋重糸目筋箱」や、沖縄県・城間栄順氏の日本工芸賞を受賞した琉球紅型染着物「彩海」など、約350点にも及ぶ、日本伝統工芸の粋を集めた作品を間近に鑑賞することが出来、まさに至福の時となりました。

 もう新しい年がスタートして、10日余りが過ぎました。
 先日、集落の初寄会(はつよりあい)があり、忙しかった生産組合長も無事新しい方へ引き継ぐことが出来ました。今年は、少しは時間の余裕が出来るかナーと思っています。

  正月早々、柴田よしき著「さまよえる古道具屋の物語」(新潮社)、白洲正子・牧山桂子共著「白洲正子のおしゃれ 心を磨く88の言葉」(新潮社)、重松清著「その日のまえに」(文春文庫)を読み終えました。 重松清さんの「その日のまえに」については、既に読まれた方もおられると思いますが、「その日」、つまり「死」を扱った本で、最後の三連作を読む頃にはもう涙、涙で、グジュグジュになりました。実にいい本でした。

 重松清さんが、どこかで書いていましたが、

 「外に向かって弾けるような喜びではなく、内側に静かに沁みていく喜び」

 そのような喜びをいっぱい心に蓄える、そんな年にしたいものです。(O)

いい風を求めて…

2016.12.24

クリスマスです。 [花]ダリア(かまくら)、バラ(ミルナ)、ブバルディア(ダイヤモンドボルドー)、トルコききょう(ハピネスホワイト)、[葉]丸葉ルスカス、ブルーアイス、[枝]サンキライ、サンゴ水木

クリスマスです。
[花]ダリア(かまくら)、バラ(ミルナ)、ブバルディア(ダイヤモンドボルドー)、トルコききょう(ハピネスホワイト)、[葉]丸葉ルスカス、ブルーアイス、[枝]サンキライ、サンゴ水木

 久々のブログとなりました。
 長い間、お休みをいただいたこと。お許しください。
 今後も、毎週とはいえませんが、時々書かせてもらうつもりです。

 10月中旬に、京都の奥座敷、大原へ行ってきました。
 デューク・エイセスの歌、「京都 大原三千院 恋に疲れた女がひとり・・・」でも有名な大原。京都が好きで、ほぼ毎年、あちこちの名所旧跡を訪ねていますが、京都北部に位置する大原へは、なかなか足が運べませんでした。
 今回、長年の願いが叶って、やっと大原の里を巡ることが出来ました。

 三千院を中心に勝林院、宝泉院、実光院、来迎院など、静かな山里にたたずむ寺院。
 いずれの寺院も、苔の庭園がひときわ美しく、落ち着いた風情が漂っていました。紅葉シーズンが始まる前に訪ねたせいか、思いのほか観光客が少なく、静寂な空間を満喫できました。

 三千院の中でも、見事なまでに日本庭園に調和している往生極楽院。
 縁側から眺めた庭園が美しい宝泉院。
 そして、久し振りに聴いた水琴窟の調べ。

 時間に追われることなく、のんびりと過ごした半日は、何よりの得難いものとなりました。

 今回の旅で一番心を捉えたのは、声明(しょうみょう)でした。
 豊かな自然が残っている大原、数々の貴重な国宝や重要文化財。そのいずれも素晴らしいものでしたが、なぜか心の琴線に一番触れたのは、どこからとなく聞こえてきた声明でした。

 声明は、経典に節(ふし)をつけた仏教音楽のひとつ。
 三千院でも、勝林院でも、堂内に静かに流れていました。仏教音楽に造詣があるわけではありませんが、以前から声明には関心がありました。グレゴリア聖歌が好きで、ときどき聴いていますが、声明とグレゴリア聖歌とは、不思議と何か相通じるものを感じます。

 高校時代に、禅寺に2回籠もったことがあります。
 高校2年生の夏休みに、約1週間。2回目は、東京の大学へ進学が決まった高校3年生の春休みに、約2週間。
 お世話になった禅寺は、高岡市太田にある臨済宗国泰寺です。当時の管長は、達磨絵などで著名な故・稲葉心田(しんでん)師。入山する時と下山する時に、寺院の奥にある心田師の自室までご挨拶に伺いましたが、とても柔和で、豪放磊落な印象を受けました。

 現在はどうか知りませんが、その当時は事前に連絡すれば、入山が許されました。
 禅寺での生活は、午前5時前に起床、読経、座禅、清掃、朝食、作務(さむ)、昼食、作務、座禅、写経、夕食、読経、座禅、就寝などの繰り返し。テレビやラジオ、新聞などあるはずもなく、戒律が厳しく、食事や風呂など、一つひとつにすべて定まった作法があり、食事も、当然ながら粗食そのものでした。

 浄土真宗の家に生まれ、臨済宗とは全く無縁な中で育ちましたが、何かを求めて、禅寺の門をたたきました。今の小生には、当時のようなひたむきさや純真な思いは、もうありません。入山した2回とも、謹慎処分を受けた市内の高校生がいて、無期限で生活指導を受けていましたが、すぐに親しくなりました。

 「般若心経」も2~3日で覚え、体に沁みついたのか、今でも少しは諳んじることが出来ます。初め苦しかった座禅も、いつのまにか自然体で組めるようになりました。寺院には、ピーンと張り詰めた雰囲気が漂っていましたが、とても心地よく感じられました。

 一日に幾度となく、僧侶たちと唱えた般若心経。
 その読経の響きが、三千院で聞いた声明の響きへと繋がったのかもしれません。

 

 今年は、長野県から始まり、山形県、東北一周、京都府、沖縄県と旅行しました。
 旅をするということは、いい風に吹かれることと思っています。
 今いる所から離れて、違った風が吹くところに我が身を置く。いい風に吹かれると、少しは人に優しくなれる気がします。だから、いい風に吹かれるために、意識していい風が吹かれるようなところへ、我が身と我が心を意図的に持っていく。
 そして、新たな風の吹くところで、小さな発見や出会いをする。
 今回の声明のように……。

 いい風を求めて、来年も全国各地を旅したいと思っています。(O)

Page Top