tel:076-445-2051
アクセス

お知らせ

カテゴリ

鳥インフルエンザの防止対策に、ご協力ください。

2017.01.17

[花]胡蝶蘭(ピンク)、ルビナス、ラナンキュラス(るペラピンク)、スィートピー(さくら)、[葉]メキシカンオレンジ、ドラセナ

[花]胡蝶蘭(ピンク)、ルビナス、ラナンキュラス(るペラピンク)、スィートピー(さくら)、[葉]メキシカンオレンジ、ドラセナ

 全国各地で、鳥インフルエンザの発生が確認されています。
 昨年11月に青森県で国内初となる発生が確認された後、北海道や宮崎県、熊本県、愛知県、岐阜県などで発生し、昨年11月末には隣の新潟県でも発生が確認されています。

 全国的な鳥インフルエンザの感染拡大が懸念されていますが、農協会館では拡大防止対策として、消毒マット(グレー色)を2枚設置しました。
 消毒マットの設置は、全農富山県本部からの依頼にもとづくもので、昨年12月15日から正面玄関入口と南側入口(NHK側)の2カ所に置いています。

 消毒マットには、除菌剤が塗布してありますので、農協会館に入館される際には、必ず靴底を軽くトントンと消毒マットに触れてから入ってください。
 消毒マットは、鳥インフルエンザの清浄化が確認されるまで、設置します。(O)

看板をあげて、協力をお願いしています。

看板をあげて、協力をお願いしています。

グレーの消毒マットに、除菌剤を塗布しています。入館の際には、必ず靴底が触れるようにしてください。

グレーの消毒マットに、除菌剤を塗布しています。入館の際には、必ず靴底が触れるようにしてください。

 

 

耐震改修工事が完成しました。

2016.12.27

[花]アマリリス(赤)、カーネーション(ドンペドロ)、ダリア(ガーネット)、ゆり(エマニー)、スターチス(ピンク)、[葉]ドラセラ(赤)、レザーファン、[枝]青文字

[花]アマリリス(赤)、カーネーション(ドンペドロ)、ダリア(ガーネット)、ゆり(エマニー)、スターチス(ピンク)、[葉]ドラセラ(赤)、レザーファン、[枝]青文字

 農協会館の耐震改修工事が完成し、修祓式が12月26日に関係者約40人が出席して行われました。

 農協会館は、1980年3月に完成しましたが、建築基準法にもとづく耐震基準を満たしていなかったため、耐震診断を実施したうえで、耐震改修工事を行ったものです。2014年12月から工事を着工し、足掛け3年、24カ月の工事期間を経て、耐震ブレス68台、耐震補強増設壁4壁を新たに設けました。
 また、空調設備が老朽化していたため、耐震改修工事と併せて、空調の更新も実施しました。

 1階エントランスホールで神事が行われ、会館理事長の伊藤富山県農協中央会長や県農林水産部の伍嶋部長らが玉串を奉げ、設計監理した全農富山県本部、施工者の株式会社竹中工務店に感謝状を贈り、関係者がテープカットをして、完成を祝いました。

 工事期間中、何かとご迷惑とご不便をお掛けしたことをお詫び申しあげるとともに、多くの面でご協力いただいたことを改めて感謝申しあげます。
 今回の耐震改修工事を期に、一層皆様に愛される農協会館となるよう努力して所存です。今後ともご愛顧のほど、よろしくお願い申しあげます。(O)

耐震改修工事の完成を祝い、1階エントランスホールで行われた修祓式。

耐震改修工事の完成を祝い、1階エントランスホールで行われた修祓式。

1階エントランスホールのLED化工事が始まりました。

2016.10.11

[花]バラ(コーラルハート)、スプレーバラ(クラシバヤ)、ケイトウ、[葉]アンスの葉(ハート)、ゴットセファナ、[枝]銀香梅

[花]バラ(コーラルハート)、スプレーバラ(クラシバヤ)、ケイトウ、[葉]アンスの葉(ハート)、ゴットセファナ、[枝]銀香梅

 10月8日から、いよいよ1階エントランスホールの天井改修工事が始まりました。

 1階エントランスホールの照明は、今まで普通の蛍光灯を使用していましたが、耐震改修工事にあわせて、すべてLED化することになりました。

 天井修繕工事は、次の3期に分けて実施します。
  1.エントランスホール北側(農協観光富山支店側)
    10月8日(土)~11月6日(日)
  2.エントランスホール南側(農協会館事務局側)
    11月 5日(土)~12月4日(日)
  3.エレベーターホール前
    10月29日(土)~12月4日(日)

 工事の期間中、照明場所の変更や仮設照明の設置などを予定しています。

 正面玄関を長期にわたって閉鎖しているうえに、照明関係でも何かとご迷惑をお掛けすることになりますが、ご理解ご協力くださるようお願い申しあげます。

 正面玄関の耐震改修工事、そしてエントランスホールの照明器具のLED化と、農協会館の玄関は新しい顔に変わろうとしています。

 12月下旬の完成を楽しみにお待ちください。(O)

 

耐震工事、約96%終了しました。

2016.09.27

[花]鉄砲ゆり、トルコききょう(ハピネスホワイト)、[枝]花ナス、[葉]丸葉ルスカス、スマイラックス

[花]鉄砲ゆり、トルコききょう(ハピネスホワイト)、[枝]花ナス、[葉]丸葉ルスカス、スマイラックス

 9月24日、耐震改修工事として、最後となる耐震ブレスが農協会館に搬入されました。

 今回の搬入された耐震ブレスは、今までの中では最大級のもので、正面玄関の風除室に組立てられます。1階は、他の階よりも天井の高さが高いため、耐震ブレスも従来のものより大きくなったわけです。
 この耐震ブレスが完成すると、会館内部に68台の耐震ブレスが設置されたことになります。

 正面玄関は、今後玄関サッシの取付けや天井の復旧などを進め、会館の顔として新しくリニューアルします。正面玄関の入口は、今まで左右2カ所にありましたが、完成後は中央部の1カ所だけになります。

 耐震工事は現在、2階と1階で進められています。
 2階フロアーは、耐震壁や耐震ブレスの主だった作業は終了し、化粧パネルや天井のボード貼りなど、細かな仕上げ作業に入っています。完成は、11月上旬を予定しています。
 1階フロアーは、鉄骨ブレスの搬入がすべて終了し、今後はシャッターの取付け作業などを進め、工事終了は12月下旬を予定しています。

 9月末現在、耐震工事の進捗率は約96%となります。
 10月上旬からは、新たに1階エントランスの照明関係の工事に入ります。
 色々とご迷惑をお掛けしますが、今後ともご協力ください。(O)

 PS.写真をクリックすると、大きく見ることができます。

大型レッカーで耐震ブレスを吊上げ、正面玄関の仮設ステージの台車にゆっくり卸します。(写真は、すべて㈱竹中工務店からの提供です)

大型レッカーで耐震ブレスを吊上げ、正面玄関の仮設ステージの台車にゆっくり卸します。(写真は、すべて㈱竹中工務店からの提供です)

台車に載せた耐震ブレスを正面玄関の入口から慎重に搬入します。

台車に載せた耐震ブレスを正面玄関の入口から慎重に搬入します。

正面玄関の風除室の中で、耐震ブレスを吊上げ、所定の位置に固定します。

正面玄関の風除室の中で、耐震ブレスを吊上げ、所定の位置に固定します。

防災の日、「シェイクアウトとやま」を実施しました。

2016.09.05

 

[花]りんどう(オータムピンク)、トルコききょう(オソピンク)、(ラビアージュ)、[葉]丸葉ユーカリ、ドラセナ(コーディーレッド)、(枝)七立栗

[花]りんどう(オータムピンク)、トルコききょう(オソピンク)、(ラビアージュ)、[葉]丸葉ユーカリ、ドラセナ(コーディーレッド)、(枝)七立栗

 9月1日は、「防災の日」。

 地震の発生を想定して、県民が一斉に安全確保の行動をとる防災訓練「シェイクアウトとやま」が、県内各地の学校や職場で行われ、農協会館も参加しました。

 「シェイクアウトとやま」とは、2008年にアメリカで始まり、地震発生時に身を守るための安全な行動を身につけるために実施されています。
 シェイクアウトは、参加者が1カ所に集まる訓練とは違い、それぞれの場所で「まず低く」、「頭を守り」、「動かない」という基本動作を取る訓練で、富山県内では防災の日に合わせて行われており、今年で3回目。

 農協会館では、午前10時に「地震が発生しました」と館内放送を流し、職員らが1分間、一斉に机などの下に身を隠し、「しゃがんで」、「隠れて」、「じっとして」の基本動作を行い、災害発生時に備えました。(O)

午前10時、地下1階の防災センターから「地震が発生しました」と館内放送をしました。

午前10時、地下1階の防災センターから「地震が発生しました」と館内放送をしました。

一斉に机の下に身を隠し、静かに支持を待つ職員。

一斉に机の下に身を隠し、静かに支持を待つ職員。

8月25日に、消防・防災訓練を行いました。

2016.08.26

 農協会館の消防・防災訓練が、8月25日に行われました。

 農協会館は、消防法にもとづき、年2回の消防訓練と年1回の防災訓練が義務付けられています。そのため、9月1日の「防災の日」に合わせて、1回目の訓練を8月下旬に、また、秋の全国火災予防運動に合わせて、2回目の訓練を11月の中・下旬に実施しています。

 

 今回の訓練には、会館に入居している9団体から19名が参加。
 約2時間にわたって、AEDを使った救命講習や消火栓、消火器の操作方法などを学びました。

 

 

富山消防署の竹本さんの指導を受けながら救命講習を受ける参加者。

富山消防署の竹本さんの指導を受けながら救命講習を受ける参加者。

 初めに実施した訓練は、救命講習。約90分間の「救命入門コース」です。
 講師は、富山消防署救急課の竹本佳正さん。
 竹本さんは、「倒れている人を発見した場合、救急隊が到着までの間、どれだけ心肺蘇生を行ったかが、その後の生存率などに影響を及ぼす。富山市の場合、救急車の到着所要時間は、平均約7分間となっている。心停止などは、2~3分を経過するとダメージを受けることが多いため、救急隊が現場に着くまで、胸骨圧迫による心肺蘇生を最後まで続けてもらいたい」と、心肺蘇生の大切さを強調しました。

 
 参加者は男女2班に分かれ、呼吸の確認や胸骨圧迫、AEDの使い方などを研修。
 マネキンを相手に、「1、2、3、4………」と大きな声を出し、1分間に100回を目標としてリズムを取りながら、胸骨圧迫やAEDの使い方などを実習しました。
 講習終了後、竹本さんから参加者全員に「救命入門コース参加証」が渡されました。

 

 

避難訓練のため、9階から階段を使って真剣に駆け降りる参加者たち。

避難訓練のため、9階から階段を使って真剣に駆け降りる参加者たち。

 続いて、避難訓練。
 8階の喫煙室から火事が発生したとの想定で、富山消防署に通報する一方、参加者全員で研修場所の9階会議室から階段を使って、1階ロビーまで駆け降りました。避難先に到着するまでの所要時間は、2分20秒。今までの訓練の中で、最も早く避難することができました。

 

 最後は、消火栓と消火器を使った消火訓練。
 屋内消火栓は、館内に設置してあることを知っていても、直接手にする機会はなかなかありません。1階ロビーで、㈱北陸綜合防災センターの担当者から操作方法を聞いたあと、男性職員2名が大きな声を出して連携を取りながら、①消火栓を開ける②30メートルのホースを引き出す③開閉弁を開けるなど、一連の訓練を行いました。

 消火器についても、担当者から操作方法の説明を聞いたあと、6名がそれぞれ消火器を手に持ち、安全ピンをはずし、レバーを握りなから消火剤を噴霧して、使い方を確認しました。

 今回の訓練にあたり、富山消防署と㈱北陸綜合防災センターの方々に、大変お世話になりました。改めて、心から感謝申しあげます。(O)

 

空調設備のありがたみ

2016.06.28

 4階フロアーの耐震改修工事がほぼ終了し、6月27日(月)に完成検査が行われました。

 4階は、昨年11月から工事を始め、工事終了まで約8カ月間掛かったことになります。フロアー全体に、耐震ブレース9台と耐震壁1台が、新しく設置されました。
 残りの工事は、エレベーター横にあるエントランスだけとなり、ロビーの一画には喫煙ルームが作られ、7月10日に完成する予定です。

[花]胡蝶蘭、グロリオーサ(サザンウィンド)、モカラ(チャックワンブルー)、トルコききょう(パティオオレンジ)、[葉]トクサ、ナルコラン、木苺、[枝]スモリーツリー

[花]胡蝶蘭、グロリオーサ(サザンウィンド)、モカラ(チャックワンブルー)、トルコききょう(パティオオレンジ)、[葉]トクサ、ナルコラン、木苺、[枝]スモリーツリー

 4階フロアーには、建築設計事務所などの事務室のほかに、全農富山県本部の会議室などが多くありますが、耐震改修工事のため、ほとんど使用できない状況が続いていました。
 長期にわたり、大変ご迷惑とご不便をお掛けしましたが、やっと本来のスタイルに戻ることが出来ました。

 また、耐震改修工事にあわせて、空調設備の更新工事も実施していましたが、1階、2階の窓際にあるファンコイルなど、一部の工事を除き、会館全体の主な空調工事は終了しました。

 農協会館の空調は、北側系統(天米側)、南側系統(NHK側)、西側系統(公園側)の3系統からなり、地下1階にある機械室で集中管理しています。
 空調設備の更新工事は、「中間期」を利用して実施しました。中間期とは業界用語で、暖房や冷房を使用しない時期の事をいいます。
 北側系統は昨年9月1日から11月15日まで、南側系統は今年4月1日から6月12日まで、西側系統は4月1日から6月26日まで、冷暖房を使用しない中間期に、空調工事を実施しました。工事内容は、各階の機械室にある大型空調機の入替えと配管の交換が、主な作業です。

 本来ならば、中間期はあまり冷暖房を使用しなくてもいい時期のはずですが、温暖化のためでしょうか、不安定な天候が続きました。

 そのため、昨年9月1日から北側系統の空調を止めた時は、残暑が厳しかったため、北側に事務所を構えているスタッフの皆様から、「暑くて、仕事にならない」「扇風機を回しても、熱風が来るだけで集中できない」など、多くのクレームの言葉をいただきました。
 4月1日から南側系統の空調を止めた時には、南側に事務所を構えている入居者の皆様から、同様に厳しい声を頂戴することもありました。特に5月下旬から急に気温が上昇し、連日25度以上の日が続いた頃には、大変ご迷惑をお掛けしました。改めて、深くおわび申しあげます。

 南側系統は、竹中工務店の皆さんのおかげで、工期が予定より2週間短縮となり、6月13日から空調が使用出来るようになりました。西側系統も、6月27日から空調が使えるようになり、やっと全館の冷房が入るようになりました。
 どちらかというと、普段あまり意識することがなかった空調設備ですが、今回ありがたみをしみじみと感じました。

 今回の工事終了にともない、6月末現在の耐震工事進捗率は約77%となりました。
 工事は、計画どおり順調に進んでいます。
 耐震改修工事は、ちょうど第3コーナーを回り、第4コーナーに掛かり始め、はるか前方にゴールらしきものが見え始めたというところでしょうか。(O)

1階エントランスが、新しく変わります。

2016.06.22

[花]ゆり(ビビアナ)、アガパンサス、オンシジューム(ハニー)、カーネーション(ピエット)、[葉]モンステラ、レザーファン、アガパンサス

[花]ゆり(ビビアナ)、アガパンサス、オンシジューム(ハニー)、カーネーション(ピエット)、[葉]モンステラ、レザーファン、アガパンサス

 耐震改修工事は6月4日から、いよいよ最終階である1階フロアーの工事に入りました。

 1階フロアーについては、耐震改修工事にあわせて、エントランスホールの天井にある照明のLED化を計画しています。

 現在は、通常の蛍光灯を使用していますが、蛍光灯の寿命が約4年間と短く、エントランスの天井の高さが高いうえに、格子状のアルミ製カバーが取付けてあります。そのため、蛍光灯を交換する際には、専門業者に依頼し、休日に高所作業車を使用して作業してもらっています。

 LED化は、もう時代の流れです。LED化にともない、試算によると蛍光灯の寿命は約13年に延び、電力料金も大幅なダウンが想定されています。照明器具をすべて新しくし、格子状の天井カバーを取り外すため、今までよりかなり明るくなる予定です。

 エレベーター前についても、LED化とともにし、新たにダウンライト16基を設置する計画です。

農協会館1階エントランスホールの完成予想図です。

農協会館1階エントランスホールの完成予想図です。

 LED化工事は、耐震改修工事と合わせて、12月中旬までに終了する予定です。完成予想図をお付けしましたので、新しくなるエントランスのイメージをご確認ください。

 農協会館の正面玄関、そしてエントランスホールは、今までと異なったイメージに新しく変わります。
 「新しい顔の誕生」を、今から楽しみにお待ちください。(O)

 PS.写真をクリックしていただくと、全景を見ていただく事ができます。

 

5階の耐震改修工事が、ほぼ終了しました。

2016.06.01

[花]ユリ(サンブッカ)、トルコキキョウ(ボヤージュピーチ)、ハイブリットチース(イカルガ)、[葉]ドラセナ(ハワイアンフラッグ)、レモンリーフ

[花]ユリ(サンブッカ)、トルコキキョウ(ボヤージュピーチ)、ハイブリットチース(イカルガ)、[葉]ドラセナ(ハワイアンフラッグ)、レモンリーフ

 5階フロアーの耐震改修工事がほぼ終了し、5月31日に完成検査が行われました。

 5階は、昨年10月から工事を開始しており、工事終了まで8カ月間掛かりました。
 今回の工事で、5階には耐震ブレース9台、耐震壁1台が新しく設置されました。残りは、ロビーだけとなり、6月中旬に完成する予定です。

 耐震工事は、9階から順に仕上げ、下位の階へと工事を進めています。
 5階フロアーについては、職員が勤務している事務所に耐震ブレースを設置する、初めてのパターンでした。工事の関係上、事務所内部に仮間仕切りを2カ所設置しましたので、かなり手狭になりましたが、計画どおり終えることが出来ました。

 完成後は、「明るく、すっきりした感じになった」「窓際に耐震ブレースが入っても、まったく違和感がない」などと、喜んでいただいています。

  5階の工事がほぼ終了し、耐震改修工事の進捗率は、5月末現在、約73%となりました。

 いよいよ6月4日から、1階フロアーの耐震改修工事がスタートします。
 ご案内したように、1階の正面玄関が閉鎖となり、NHK側の南側出入口をご利用していただくことになります。ご不便をお掛けしますが、ご協力くださるようお願いします。

 耐震改修工事の終了は、平成28年12月22日を予定しています。(O)

5階・データ通信センタの事務所内部に、耐震ブレースが2台新設されました。

5階・データ通信センタの事務所内部に、耐震ブレースが2台新設されました。

南側出入口の工事が終わりました。

2016.05.27

 

南側出入口に新しく作られたスロープと手摺り。

南側出入口に新しく作られたスロープと手摺り。

 6月4日から、いよいよ1階の耐震改修工事が始まります。

 1階の正面玄関については、以前にご連絡したとおり、耐震ブレース(鋼材)を新たに設置するため、工事が終了する12月下旬まで閉鎖させていただきます。
 その間、大変ご迷惑をお掛けしますが、NHK側にある南側出入口を利用していただくことになります。

 南側出入口については、従来のままでは設備的に十分とはいえないため、㈱竹中工務店に造作工事を依頼し、5月25日に完成しました。
 体の不自由な方のために、新たにスロープや手摺りを設置したほか、雨天の日にも滑らないようにと階段やスロープに塩化ビニールのマットなども敷いてもらいました。

 また、正面玄関周辺には、3カ所に案内看板を設置して、南側出入口への案内図も掲示させていただきます。約7カ月間と長期にわたって、ご不便をお掛けすることになりますが、ご協力くださるようお願い申しあげます。(O)

階段やスロープには、滑らないように塩化ビニールのマット敷いてあります。

階段やスロープには、滑らないように塩化ビニールのマット敷いてあります。

Page Top