tel:076-445-2051
アクセス

新着情報

電子看板(デジタルサイネージ)を始めました。

2014.09.08

9月8日から電子看板(デジタルサイネージ)を始めました。

9月8日から電子看板(デジタルサイネージ)を始めました。

電子看板(デジタルサイネージ)が、今日からスタートしました。

 会議や研修会などのご案内は、今まで手書き看板で掲示していましたが、9階会議室の新設とともに、大変ありがたいことに会議室のご利用が増え、今回、電子看板を導入することにしました。

毎朝7時00分に自動的にアップし、19時00分にダウンします。もちろん土・日曜日、休日も作動します。1画面に10コマ掲示することができますが、それ以上会議など入った場合は、20秒で次画面に変わります。JA関係の会議や研修などの場合は、左端に緑のラインが入っていますので、注意してご覧ください。

データ管理は、すべて事務所内のパソコンでしており、無線LANでデータを送信し、液晶ディスプレイにアップします。従来までは、看板を風除室に置いていましたが、今日から1階エントランスホールに置くことになりましたので、ご了承ください(O)

「シェイクアウトとやま」を実施しました。

2014.09.02

館内放送で、訓練を案内しました。

館内放送で、訓練を案内しました。

「防災の日」の9月1日、地震を想定した県民一斉参加型の訓練「シェイクアウトとやま」が農協会館で行われ、緊急時に備えて防災意識を高めました。

シェイクアウトは「地震を吹き飛ばせ」という意味の造語です。参加者が1カ所に集まる訓練とは違い、それぞれの職場で「しゃがむ」「頭・体を守る」「揺れが収まるまで動かない」という基本動作を取る訓練です。2008年にアメリカで考案され、県内全域で行われるのは初めてとのことです。

農協会館では、午前10時の館内放送「地震が発生しま
した」を合図に、職員らが1分間、一斉に机の下に入る
など、地震発生時の対応を確かめました。(O)

館内放送が流れ、素早く机の下に身を隠す職員

館内放送が流れ、素早く机の下に身を隠す職員

「日本人はみんな園芸愛好家である」

2014.09.02

26.9.1-1先日、農協会館前の歩道で、ハンギングバスケットの前で写真撮影している人がいました。

 聞き慣れない「ハンギング」という言葉。
さまざまなバスケットや吊り鉢などを使用して、花を下や横からの目線で鑑賞するガーデニングの方法だそうです

会館がハンギングバスケットを始めたのは、平成25年4月からです。
会館前駐車場を取り囲むように、現在11基設置しており、期間は3月から12月までの10カ月間。花の管理をお願いしているのは、富山市長岡にある株式会社柴崎農園さん。季節の花々をうまくアレンジして、年4回取替えてくださいます。観て楽しむ私達は良いのですが、花を維持管理する柴崎農園さんは大変です。特に今年のように連日猛暑が続いた年は、水遣りなどで、ご苦労いただいています。歩行者や車の邪魔にならないように、早朝の4時、5時頃から、軽四トラックに水を満タンにした大型タンクを積み、水遣りをするそうです。本当に頭が下がります。柴崎農園さん、いつもありがとうございます。

 最近、面白い本を読みました。「シュリーマン旅行記 清国・日本」(H・シュリーマン著、石井和子訳、講談社学術文庫)という本です。DSC00908
ハインリッヒ・シュリーマンがトロイア遺跡を発掘したことは、私も知っていましたが、その彼が幕末の日本を訪れ、日本に関する旅行記を書いていたことは全く知りませんでした。彼が日本を旅行したのは、トロイア遺跡発掘に成功した1871年の6年前。つまり、世の中が明治に変わる3年前の江戸末期です。1865年6月1日から7月4日までの1カ月間、日本に滞在しています。尊王攘夷の嵐が吹き荒れ、鎖国政策で外国人の江戸に入ることがほとんど禁止されていたにもかかわらず、外交官でも軍人でもない実業家の彼が、幕末の江戸を見聞し、本に残したことは驚嘆に値します。
わずか1カ月という短期間の滞在にもかかわらず、当時の日本の様子を、なんの偏見を持たずに客観的に観察し、わかり易く記述しています。今までと全く異なる切り口で幕末の日本に触れられることが出来、とても新鮮に感じられました。
いつの間にか、シュリーマンという人間性、そして日本に対する温かな眼差しに引き込まれました。

 そのシュリーマンが、日本人についてこのように書いています。
「道を歩きながら日本の家庭生活のしくみを細かく観察することができる。家々の奥の方にはかならず、花が咲いていて、低く刈り込まれた木でふちどられた小さな庭が見える。日本人はみんな園DSC00909芸愛好家である。」(81P)
「日本人が世界でいちばん清潔な国民であることに異論の余地がない」(87P)

シュリーマンが見た日本には、今は失ってしまった、かつての美しい日本の原風景が残されていました。
動乱の江戸末期に生きた人たちは、貧しい生活の中でも小さな庭を作り、種を植え、苗を育て、日々の営み中で、花を愛したといいます。
日本人の一人として、今も脈々と続く、花を愛でる心を大切にしたいと思います。(O)

自衛消防・防災訓練が行われました。

2014.08.29

  第1回目の農協会館自衛消防・防災訓練が、8月27日に行われました。○H26.8.27 消防・避難訓練 017
当会館は、消防法にもとづき、高層建築物にあたる「特定防火対象物」に指定されており、毎年、消防訓練を年2回、防災訓練を年1回実施しています。
午後1時30分から903会議室で行われた訓練には、館内に入居している15団体から20名が参加しました。

最初に実施した訓練は、救命講習(救命入門コース)です。
講師は、富山消防署庶務救急課の大場啓治課長代理さんで、心肺蘇生法を約90分間受講しました。大場さんの簡潔で、時にはユーモアを交えた指導を受けながら、マネキン人形を使用して、呼吸の確認や胸骨圧迫、気道確保、人工呼吸、AEDの使用方法などを研修しました。
初めは遠慮がちだった参○H26.8.27 消防・避難訓練 022加者も、「1・2・3・4………」と大きな声を出し、リズムを取りながら、胸の真ん中を圧迫する胸骨圧迫などを、繰り返し実習しました。
講習終了後、大場さんから参加者全員に「救命入門コース参加証」が渡されました。
倒れた人を発見した場合、救急隊到着までの数分間が、心肺蘇生法が行われるかどうかが救命率に大きく左右するといわれているだけに、不測の事態が発生した場合、実習内容が生かされることを期待しています。

 

 続いての訓練は、避難訓練。
8階ロビーの喫煙室から火事が発生したとの想定で実施し、富山消防署に通報するとともに、参加者全員で9階903会議室から会館前の駐車場まで、階段を駆け降りました。最後の人が到着するまでの所要時間は、3分35秒。全員、スピーディーに対応できました。

 最後は、消火器を使った消火訓練。○H26.8.27 消防・避難訓練 026
消火器は、事務所や各家庭に常備していても、実際使用した人は少ないはず。㈱北陸綜合防災センター富山支社の長木さんと高堂さんの指導を受けながら、8人が代表して、1人ずつ消火器のレバーを押して、消火に努めました。

 今回の訓練にあたり、富山消防署と㈱北陸綜合防災センターの方々に大変ご協力をいただきました。
改めて、心から感謝申しあげます。(O)

さり気無いひとこと

2014.08.26

「農協会館は、年数が26.08.25経っている割にはきれいだね」
ありがたいことに、時々うれしい言葉を掛けてくださる方がいます。社交辞令かもしれませんが、このようなお言葉をいただくと、正直うれしいです。

 この会館は、昭和55年3月に竣工しましたので、人間でいうと満34歳。
老朽化しているにもかかわらず、「きれいだね」と言っていただける要因の1つは、清掃業務を委託している北栄産業のスタッフの努力の賜物といえます。
清掃業務は、入居団体の通常業務が最優先ですから、日中の時間帯以外に、早朝や土日などイレギュラーな時間にも業務が及びます。人目に付きにくく、地味な仕事で、努力の割には報われることが少ない仕事ではないでしょうか。でもなぜか、手抜きすると、すぐにクレームがくるのも清掃業務の宿命です。

 私は東京での学生時代、様々なアルバイトを経験しました。一番長くバイトしたのは、掃除でした。仕事先は、大学から徒歩5分にある健康保険病院。入院施設はなく、検査中心の病院で、勤務時間は午後5時30分から7時まで。約40年前で、当時としては割りがよく、1時間半で1,100円。大学の最終講義終了後でも間に合うため、2年生から4年の就職活動前まで、毎日続けました。ゴミ集めと灰皿拭き、床掃きなどの軽作業ですが、時間制限があり、広いフロアを走り回り、夏場はもう汗びっしょり。たかがアルバイトですが、自分なりにプライドを持って、そのフロアを担当したつもりです。

 今から思うと、病院でアルバイトした2年数カ月の中で、医師や看護師、事務の方々から、「お疲れさん」とか、「ご苦労さん」といった言葉を掛けられたことが一度も無かったように思います。別に、ねぎらいの言葉が欲しかった分けではありません。実際、部外者であるバイト学生にいちいち声を掛ける必要もなかったと思います。

 改めて、この社会はいかに多くの方によって支えられていることかを教えてもらっています。人目に触れないところで頑張っている人が、沢山います。公衆トイレをきれいにしてくださっている人、無人駅で花を活けてくださる人など、普段気付かないところで、多くの方が労してくださっています。その方々に、「ありがとうございます」とか、「ご苦労様です」とか、ちょっとした言葉や感謝の言葉、そして自然なお礼の仕草ができたらと常々思っています。
心から自然に出てくる、さり気無いひとこと、態度が、とても大切になっている時と思うからです。(O)

また、ひぐらしが鳴く季節となりました。

2014.08.18

また、ひぐらしが鳴く季節となりました。
ひぐらしの声を聞くと、小学校時代の夏休みを想い出します。

 もう、45年ほど前に閉校となった山あいのわが母校26.08.18.
同級生は、男子7名、女子11名のわずか18名。皆、大変仲が良く、1年生からずっと一緒。名前を苗字で呼ぶことはなく、○○君、○○ちゃんと、互いに下の名前で呼び合ったものです。還暦間近となった今も、全員の下の名前が自然に口から出てきます。
全校生徒は、百人足らず。作家・壺井栄の「二十四の瞳」に出てくる「岬の分教場」ではありませんが、木造の小さな小学校でした。50メートル走の測定の時は、大変です。なんといっても、グランドの長辺だけでは短いため、グランドを対角線上に走り、なおも足りなくて、相撲場の土俵の上を駆け抜けるのですから。

 夏休みの一番の楽しみは、やはり水泳。
もちろん、その当時のことですから、プールなどありません。地元の川が、私達の水泳の場でした。浅瀬があり、深みがあり、急流や岩場があり、まさに変化に満ちた自然の中で、川遊びを満喫したものです。河川改修がされる前でしたので、鯉やフナ、ナマズなど、様々な川魚がいました。夕方水遊び疲れて、並んで帰る時に、どこからとも無く聞こえてきたのが、ひぐらしの声でした。
「カナカナカナ」と鳴く声は、なぜか物悲しく、哀愁に満ちていました。夕焼けや入道雲とともに、小学生の私の心に印象深く残りました。

 その当時は、声の主が「ひぐらし」とは知りませんでした。ひぐらしという名前を知ったのは、ずっと後のように思います。今でも、ひぐらしの鳴き声が好きで、You Tube(ユー チューブ)からダウンロードして、読書しながら聞いています。
NHKのラジオ番組「音の風景」ではありませんが、皆さんにも自分の心の中にいつまでも響く、音の風景ってありませんか。

 詩人で書家の相田みつをさんが、ひぐらしに関する詩を書いておられます。
ご存知かもしれませんが、ご紹介します。(O)

 「ひぐらしの声」

 ああ 今年も
ひぐらしが鳴き出した。

ひぐらしの声は
若くして戦争で死んだ
二人のあんちゃんの声だ。
そして、
二人のあんちゃんの名を
死ぬまで呼び続けていた
悲しい母の声だ
そしてまた
二人のあんちゃんのことには
ひとこともふれず
黙って死んでいった
さびしい父の声だ

 ああ 今年も
ひぐらしが鳴き出した。

            みつを

 

ホームページをリニューアルしました。

2014.08.11

ホームページをリニューアルしました。

今回の主な変更点は、
1.「よくあるご質問」コーナーを新設したこと
2.「予約状況」について、向こう「3ケ月」から「5ケ月」表示に変更したこと
3.トップページのスライド写真を変更したこと
以上の3点です。

「よくあるご質問」コーナーにつきましては、お客様からお寄せいただくご質問を、「Q&A」としてまとめさせていただきました。これ以外のご質問がありましたら、お気軽に事務局までお電話ください。

予約状況につきましては、お客様からのお問い合わせが大変多いため、向こう5ケ月の表示に変更しました。その先につきましても、お電話でお問い合わせください。

トップページにつきましては、一部のスライド写真を変更しました。
スライド写真の2枚目に食農教育関連のデータを掲載していますが、JA高岡・組織広報課さんとJAいなば・総務課さんに全面的にご協力をいただきました。改めて、感謝申しあげます。

 

今日も、お待ちかねの花が届きました。

2014.08.11

26.08.11-1今日も、お待ちかねの花が届きました。

 ご存知でしたか、当会館の1階受付に花を飾っていることを。
この花は、会館近くのお花屋さん、立山農園の方々が毎週月曜日に届けてくださいます。昨年9月から始めた、このフラワーアレンジメント。
嬉しいことに、とても評判がいいのです。いつの間にか、すっかり定着して、毎週月曜日を待ちわびている方が増えています。会館の入居者はもちろんのこと、なぜか会館外にも隠れファンが――。
季節を先取りした花々や見たこともない草花によるアレンジメント、正月や節分、桃の節句、クリスマスなど、それぞれの時節にふさわしいデコレーション。限られた予算の中で、毎回、立山農園さんの意欲と創意工夫、そして、草花に対する心優しい息遣いが感じられます。

 草花に対する心遣いといえば、染織家・志村ふくみさんを思い浮かべます。
人間国宝である志村ふくみさんの作品を初めて目にしたのは、3年前に開かれた富山水墨美術館の「志村ふくみ・洋子展」。志村さんの名前しか知らず、何気なく水墨美術館に行った私は、草木から抽出された素朴な味わい、そして染織された紬の素晴らしさに、ただただ圧倒されました。
以来、機会あるごとに、志村さんの作品を見せていただいています。今年も、2月に上野の東京国立博物館で開催された「人間国宝の現在(いま)」で、志村さんの作品に触れ、まさに至福の時間(とき)をいただきました。
京都で試行錯誤しながらも、草木染で鮮やかな着物を作り続ける志村さん。作品から、厳しくも草花に対する限りない愛おしさが感じるのは、私だけでしょうか。

 当会館1階受付にあるフラワーアレンジメント。
もし時間があれば、ぜひ見に来てください。会館に来れない方には、毎週月曜日にホームページにアップする予定ですので、楽しみにお待ちください。(O)

ブログを始めました。

2014.08.07

26.08.04今日から、ブログを始めました。
1週間に1回程度の更新を予定しています。
いつまで続くか、心もとない者ですが、会館にまつわる出来事などを中心に、気ままに書かせていただきます。一読してくだされば、幸いです。

 8月5日と6日の両日にわたって、高等学校卒業程度認定試験が当会館で行われました。富山県教育委員会の県立学校課さんが、毎年ホール・会議室を利用してくださっているもので、とても感謝しています。
高等学校卒業程度認定試験は、以前は確か大検(大学入学資格検定)と言われていたはず。試験当日は、普段この会館では見られない髪形やスタイルの若者たちの姿が、1階と8階で多く見受けられました。
希望に燃えて入学したはずの高校で、何があったのか、もちろん知る由もありません。入学した高校が合わなかったのか、本人の学力不足なのか、経済的な事情なのか、病気のためなのか、何か別の理由があったのか――。いずれにせよ、高校中退という選択は、本人にとっても、ご両親にとっても、ご家族お一人ひとりにとっても、つらい決断だったと思います。
でも、この試験に臨んだ若者たちは、新たな道に一歩踏み出そうとしている子供たちです。弁護士の大平光代さんの例を出すまでもなく、子供たちの前には険しいかもしれませんが、新たな道、新たな扉が開かれています。

作家・鈴木秀子さんは、著書「あなたは生まれたときから完璧な存在なのです」(文春新書)の中で、「人生に意味のないことは起こらない」と言い、「若竹が節をつくって天に伸びていくように、苦しみは人間にも節をつくります。あの苦しみがあったから、今の私があると思うことがきっとあるはず」と、書いておられます。
あの子供たちが、しっかりと節をつくり、この試練を乗り越え、若竹のようにすくすくと伸びていくことを、試験会場をお貸しできた者の一人として期待しています。(O)

消費税の変更にともない、 貸ホール・貸会議室の料金を変更しました。 料金表で、ご確認ください。

2014.04.01

カテゴリ

Page Top